謎解きを楽しみたい人におすすめのミステリー小説

日記

最近のマイブームは「ミステリー小説を読むこと!」です。
ミステリー小説にはまるきっかけはアガサ・クリスティー作品「そして誰もいなくなった」を原作としたテレビドラマを見たことです。イギリスのBBCが制作したものと日本のテレビ朝日が制作したものと、偶然なのかどちらも2017年にテレビ放映されましたね。両方見た感想としては、BBC制作の方が雰囲気があってよかったです。
このドラマを見たことで子どもの頃好きだった「金田一少年の事件簿」を思い出し、長らく忘れていたミステリー作品に再びはまることになりました(^_^)

ミステリー小説にもいろいろとジャンルや傾向があります。松本清張などに代表される社会派、ハードボイルド寄りの物、コージーミステリー(日常の軽い事件を扱うミステリー)などなどですね。
その中でも「謎の館」「嵐の孤島」「クローズドサークル」「犯人はこの中に!」「驚愕のトリック」などをキーワードにした「いかにもミステリー!」という謎解きのワクワクを楽しめるものが好きです。こういった傾向のミステリー小説は日本では「新本格派」と呼ばれるようです。

今あげたようなキーワードにピン!ときた方、子どもの頃に「金田一少年の事件簿」や「コナン」にワクワクした方におすすめの推理小説作家が綾辻行人さんです。とくに「館シリーズ」と呼ばれる一連のシリーズ物がおススメですよ。「館シリーズ」は殺人事件ものなので少し残酷なシーンもありますがあまりひどいものではありませんし、いたるところに張り巡らされた伏線や驚きのトリックはいかにもミステリー小説という感じです。頑張れば読者でも犯人あてやトリックの推理ができてしまうのも魅力ですね(^^)♪

「館シリーズ」で特徴的なのは、いい意味で人物描写や心理描写が希薄なことです。あくまでも「謎解き」を楽しむ小説なので人物関係のや心理描写は必要最小限でいい、と私は思います。それは館シリーズ第一作目の「十角館の殺人」冒頭で登場人物が語る言葉にも現れています。「推理小説は、あくまでも知的な遊びなんだ。刺激的な論理の遊び。絵空事でいいから、その世界の中で楽しめればいいのさ。ただし、あくまでも知的にね」(ちょっとうろ覚えですがだいたいこんな感じのセリフでした。)

現実社会のあれこれから一時逃避して、小説の中で純粋に謎解きゲームに参加したいときには、綾辻行人さんの館シリーズがおススメですよ。これから読まれる方はシリーズの順番通りに読んでくださいね。
以上、マイブームの紹介でした(‘ω’)ノ

 

自分に合うファンデーションとは

日記

世の中の女性が一度は絶対に使ったことがあるであろう化粧品のファンデーション、直接肌に塗っていくもの、乗せていくものなので自分の肌に合うものを選ばなければ自分のすっぴんに大きな影響を及ぼしてしまいます。

そして、ファンデーションには色々なカラートーンがあるために、選んだファンデーションによって顔色などが決まるので印象を変えることができます。だからこそ、ファンデーション選びというのはとても大事なのです。

まずはファンデーションの種類です。一番スタンダードで使われているのが、パウダー状でパタパタと肌に乗せていくタイプです。

そして、それに対するのがリキッドタイプのファンデーションです。パウダー状であるとパウダーが浮いてきてしまうこともあって、それに悩む方にはこちらをオススメしたいです。パウダー状に比べて伸びが良くて、肌になじみやすいというのが特徴です。

そして、リキッドタイプに近いのですがもう少し油の成分を増やしたクリームファンデーションというものもあります。クリームというだけあぅてしっとりしていますので、普段から乾燥に悩まされている方にはとてもオススメできるタイプだと思います。

最後に紹介するのは、ルースファンデーションというものです。こちらは、パウダータイプと違ってパウダーが固まっていない状態のファンデーションのことを言います。軽く乗せるだけなのでそんなに肌の色に変化を与えたくなかったり、軽くトーンアップダウンをつけたい方にはオススメです。

このようにファンデーション一つだけでも4つのタイプがあるので、まずはここから自分に合うものを探していくのがファンデーション選びの基本です。あなたの肌質はどんな感じですか?

薬局の試してみることができるコーナーなどで一通りやってみるのもアリだと思いますし、いろんなパターンをトライしてみることが自分に合うファンデーションへの近道です。

キーポイントは乾燥肌なのかどうか、そしてどれくらいトーンを変えたいか。自分の肌と向き合ってベストなファンデーションを見つけてください。

50代のためのファンデーションを紹介するサイトがあるんです。そのサイトに紹介されてあるファンデーションはリッキドタイプが多いのですが、試しに使ってみると肌にも優しいし、使用感もいいものばかりでした。50代の人に勧めるような感じで紹介されていましたけど、私が使ってみても全然いい感じになりますし、どの年代が使ってもいい感じに仕上がるだろうなぁという印象を受けました。

ファンデーション選びはとても大切なことだと思うので、しっかり自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう!

 

運命のファンデーションと出会うために…

日記

ファンデーション選びのコツとはズバリ『見栄を張らないこと』です。

脂性肌・乾燥肌・デリケート肌など人の肌質は千差万別。自分に合ったものを選ぶことがとても大切なのは皆さんわかっていながらも『ブランド買い』していませんか?

とは言えコスメ選びは女性にとってとても楽しく、製品の質だけではなくブランドやパッケージ。ケースのデザインやキャッチフレーズ、果てはイメージキャラクターの女優さんやモデルさんをコスメ選びのポイントにしている方も少なくないでしょう。

かくいう筆者も20代前半の頃は自分的に持っていてかっこいいブランドのコスメをライン使いし、そのブランド一色になったメイクポーチを気持ちよく使っていたものです(*ノωノ)そして自分の肌質を考慮せずその時流行りの質感に近づけるためにファンデーションを選んでいました。

しかし20代中頃に肌のバランスを大きく崩し紆余曲折の末元のきれいな肌を取り戻したあと、自分のコスメ選びを見直しました。

ちゃんとBAさんの話を聞き、そのショップに求めているものがなければ多少気まずくても何も買わずに売り場を離れる。それまで買い物した時に勝手に入れて貰えるものしか貰わなかったサンプルもちゃんと自分から声をかけて貰って試す。

ケチだと思われたくなくていい恰好をしてコスメを買っていた自分とはサヨナラしてちゃんと納得したコスメ選びを心掛けました。

前回は肌に合っていたメーカーでもシーズンが変わると処方も変わって肌に合わなくなったり、また自分の肌質が変化してしまっていたりする場合があるのでちゃんと買い替えのタイミングごとにサンプル使用をするようにすると失敗がなくなりました。

ファンデーションがなくなりかけるとサンプルを貰いにあちこちウロウロ…まだちょっと恥ずかしい気もするんですけどね。キレイのためには厚かましさも必要なのです(`・ω・´)b

そしてファンデーションをキレイに仕上げるためには下地をごく薄く均一に塗る事。ゆっくり塗ると乾いてムラになるので素早く丁寧に塗ってくださいね。

下地がキレイに乗っているとファンデーションの効果を最大限に引き出して、厚塗りしなくても美肌に見えます。

もともと商品説明に書かれている量を真面目に塗っていた筆者はずっと下地を使うとファンデーションのノリが悪いなぁと思い込んでいたのですが、説明を無視して極薄塗りに変えたところ見違えるほどキレイになったのでビックリでした。

もし今ファンデーションの仕上がりに不満を持っている方がいるなら、一度下地の量も見直してみてはいかかでしょうか?

 

父親の早起き早寝のリズムが……

日記

最近父の生活のリズムが崩れ、今後立て直せるのかが不安です(^^;)。

父は早起き早寝の習慣をここ15年以上続けてきました。3時半から4時起床。朝の散歩か朝読書。5時からの早朝半身浴。6時15分朝食。40分出勤。20時から21帰宅。即晩酌(^_^)。半身入浴後11時頃就寝。

帰宅時間が前後する程度で規則正しい生活を送っていました。

血圧は少々高めですが、本当に毎日の晩酌を美味しくいただけるくらい健康的な暮らしぶりでした。長年築き上げてきた生活のリズムが崩れだしたのはここ1ヶ月です(^^;)。

昨年の3月末で33年勤めた職を辞し、定年1年を残し早期退職しました。4月からは仕事をしている時間の過ごし方と晩酌の開始時刻が早まったぐらいで、早起き早寝のリズムは保ったまましっかり生活できていました。

日中の仕事は、畑仕事、草刈り、庭いじり、家まわりの清掃等で、いわゆる体を使った肉体労働です。流れる汗が気持ちよく快適だと言っています。。雨など天候不順の時は読書です。若い時から唯一の趣味が読書(目標年間100冊以上読破)でしたので、まさに晴耕雨読を楽しんでいるみたいでした。

その楽しい生活に変化が見え始めたのは11月末です。冬を迎え畑仕事をはじめ外回りの仕事ができなくなってしまったのです。寒い日もあります。雪の日もあります。外に出ることのできない日が続いていたので、晴読雨読の生活に陥ってしまっているようでした。

しかし、晴毒雨毒だったようです。増え始めたのが読書量と睡眠、体重です。酒量は増えないように頑張っていたようですが、体重が増え始めたみたいです。体重が増えたのは体を動かす機会が減ったからだと思います。ちなみ4㎏増らしいです。体が疲れないためか就寝時刻が12時ぐらいになってきた2月頃から起床時間に乱れが見え始めたと言っています。

15年間以上も続いていた習慣がほんのふた月ほどで崩れてしまったのがとても残念がっているんですよね。4時起床が5時、5時半、ついには6時になってしまう日も出てきているらしい。

このままでは色々大変なことになりそうです。まもなく畑仕事の始まる春を迎えます。雑草との戦いの夏ももうすぐです。早急に早起きのリズムを回復し、充実した日々のリズムを取り戻してほしいものです(^o^)。と、プチ決意している還暦おじさんなのでした。

退職して1年目はうまくいかない1年になっているようですね。

 

私の婚活記

日記

独身の時は接客業の仕事をしていて、休みは不定期だし、家の用事を済ませたら疲れて寝てしまう日々でした。
仕事と家の往復で出会いはなく、職場は既婚者の人ばかりで、恋愛できる相手が見つからなかったのです。
女性ばかりの職場でしたから、婚活の話で盛り上がることもありましたが、みんな私よりも年下なので余裕があるのです。
会話は適当に聞き流していましたが、20代前半ならまだまだ時間はあるし、焦りを感じているのは私1人だけだったと思います(゚Д゚;)
同世代の人たちは結婚して子供がいるし、年下の子も結婚していくなかで、ポツンと寂しい気持ちになっていました。
このまま30歳を超えても結婚できなければ、こんなに女性ばかりの職場では陰口を言われそうで不安だったのです( ゚Д゚)
それで、誰にも言わずにフェイスブック連携の婚活アプリに登録して、密かに婚活をするようになりました。
職場の同僚が話しているのを聞いたことがあって、週末の暇な時間にパーティーに参加すると楽しいと言っていたのです。
婚活アプリは思っていた以上に大勢の人が使っていて、近くに住んでいる人も多いので驚きました。
興味があった婚活パーティーにも参加して、男性だけでなく、女性の友達ができたので嬉しかったです。
初めて婚活のリアルな事情を相談できる相手が見つかって、精神的なストレスが少なくなりました(´ω`*)
どの結婚相談所が使いやすいとか、アプリで出会う注意点などに詳しい友達ができたことで、私の婚活はどんどん前向きに進んでいきました。
アプリで紹介された男性のうち、時間が合う人と食事に行ったりして、実際に出会いを体験することもできたのです。
毎月費用がかかりますから、会う時間をつくらないと勿体ないので、気になる相手とは連絡をとるように頑張っていました。
10人以上はお見合い式で会って、他にもパーティーで出会った相手と連絡先を交換したりして、短期間ですが交際をした相手もいました(^^♪
結局、私が結婚した相手はプライベートな友達の紹介でしたが、ご縁はどこにあるのか分からないものです。
周りの状況に流され、焦ってイライラするよりも、とにかく婚活をやってみたほうが絶対に良い経験になると思います。

今私の周りで流行っているのが「札幌で婚活していい人と出会おう」ってところです。札幌の婚活や出会いの色んな情報が載っているみたいです。婚活で行き詰まっていたらみてみるのもいいと思います。

結婚って自分が何か行動を起こさないとできないですからね。どんどん行動するのがいいと思います。

 

ダイエットする事に理解が得られない

日記

私の家族は皆、太っています。父も母も食べる事が大好きで、兄もよく食べます。そうした環境で、おのずと私も小さいころから沢山食べていました。

朝ごはんから揚げ物はいつもの事で、ご飯もおかわりが普通です。昼は学校で食べるのですが、弁当のほかにも毎日おにぎりを持たせて、学校から帰ってくると当たり前のようにお菓子やケーキがテーブルの上に置かれていました。夕ご飯は、お肉が中心で、一日の中で品数も多く量も多いにもかかわらず残さず全部食べていました。

そんな生活が普通で違和感を感じたことはありませんでした。しかし、私が高校生になると自分の体形が気になり始めました。周りの友達はオシャレやメイクに夢中でしたが、私は着れる服が限られているし、メイクをしても全然可愛くなりません(;´Д`)

男の子と話した事もないし、彼氏ができたと喜ぶ友達を羨ましく思っていました。なにより一番ショックだったのは制服が着られなくなったことでした( ;∀;)

自分がこんなにも太っていると自覚した私は、ダイエットを決めました。ただ、小さい事から沢山食べる事が当たり前だった私に食事制限は難しいと思い、食べる物のカロリーを抑える事、食べるときはよく噛むこと、野菜から食べる事の3つを絶対守ることに決めました。

確実に痩せるダイエット」っていうサイトの情報も参考にしてみたらかなり効果がありました。無理しないで痩せるっていうコンセプトが私には合っていたんですよね。

そして、母に相談しましたが母はダイエットに猛反対しました。ダイエットなんて体に悪い、あなたは全然太ってない、ちゃんとたべないと健康にならない言われました。

私は、食べないとは言っていないしバランスよく食べたいだけだ言いましたが、母は肉を食べないと身体が育たない、ダイエットなんてやめなさい、とゆずりません。

その夜、父や兄も一緒に話してみましたが同じ反応でした(T_T)ダイエットなんてしたら拒食症になる、病気になると言われました。それならと、冷蔵庫にある材料で、自分の分の料理は自分で作ると言いました。

父や母はお前にそんな事出来るはずがないという態度だったので、悔しくて絶対やってやると思いました。

次の日から朝ごはんも、お弁当も、夕ご飯も自分で作り、低カロリーのメニューを勉強をしました。相変わらず、家族はなんでこんな物しか食べないんだ、親のいう事を聞けと言ってきましたがすべて無視しました。

そんな中で支えてくれたのが友達でした(*´ω`)いろいろ調べて教えてくれたり、体験談を聞かせてくれたり本当に助かりました。しかし、家に帰れば毎日怒られる日々でした。

今思えば、今までよく食べさせ可愛がってきた子供が突然いう事を聞かなくなったのが面白くなかったのかなとも思います。兄は親のいう事をすべて聞く人だったので、尚更だったと思います。

親は私が家を出るまでずっとダイエットには反対で、今でも、好きな時、好きなだけ食べる生活をしています。病院でもいろいろ言われたらしいのですが、食べることを我慢する方が体に悪いという考えを変えていません(´Д`;)

家を出た私はダイエットを続けなんとか平均まで痩せる事ができました。しかし、痩せたことで皮が余ってしまって水着などを楽しむ事は出来ずにいます。

鏡で見るたびに家族を思い出して嫌になるので、なんとか綺麗に切除できないか検討をしているところです。まだ悩みは尽きそうにありません(~_~;)

海外メーカーのファンデはやっぱり合わない

日記

某海外メーカーのリキッドファンデーションで肌トラブルを起こしたことがあります(ちなみに「リクイッドファンデーション」と表記するメーカーのものです)。

知人のプレゼントだったのですが、自分で購入したことはもちろん、サンプルなどでの試し使いもしたことがないものだったため、あまり興味が湧かずしばらくそのままにしておきました。

それから2か月後くらいにそのファンデーションをプレゼントしてくれた知人から使い心地などを聞かれ、正直少し焦りましたがその場は適当にいなしておきました。(^_^;)

まだ開封していなかったので、このメーカーを好む人にでも使ってもらおうと考えていたのですが、引き取り先が見つからず、試しに使ってみることにしました。それがまずかったわけです。(-“-)

ちなみに私はこのメーカーのものでは美容液を過去に試し使いしたことがありました。その時の使い心地と香りが自分に合わず、デパートでサンプルを配っている場に出合わせても一切受け取らないようにしていました。というくらい、苦手意識が先にくるものだったので、正直プレゼントされた時はうれしくは感じず、すぐに開けて使う気にならなかったわけです。(-_-;)

その肝心の使い心地ですが、肌に塗ったそばから寄れてしまい、塗りムラができやすかったので、薄づけができずに自然と厚塗りになりました。その時点で自分の肌には合わないと直感したのですが、せっかく塗って試すからには一日様子を見てみようと思ってしまったのです。

その後、化粧直しをするたびに人間の皮脂汚れのようなものがポロポロと浮いてきたり、その皮脂汚れらしきものが寄れた部分で固まったようになったりと、あまり良い気持ちではない現象が起こりました。その日の夜にクレンジングで化粧を落としたら、自分の顔がいわゆる赤ら顔になっていて、びっくりしてしまいました。\(◎o◎)/

この商品のレビューでは、「崩れない」「崩れにくい」というフレーズをよく見かけます。それなのに私の肌では崩れまくりで、しかも一日使っただけなのに赤ら顔になっているというのは、肌に塗った時点での自分の勘が正しかったということなのでしょう。(~_~;)

ちなみに使用を中止して自分の普段使いものに戻し、肌のケアも丁寧に行ったら赤ら顔は消え、その後起こることはありませんでした。ファンデーションでのトラブルなど起こしたためしがなかったのに、本当に驚いてしまった体験でした。(ーー;)

やっぱり私は日本製のファンデが一番安心して使えます。それも30代の私には30代にあったファンデーションがあると思います。とりあえずは、今まで通りのお肌に優しくてキレイに塗れるファンデーションでしばらく過ごしたいと思いました(*^^*)

吹き出物での嫌な思い出

日記

私は幼いころから吹き出物が出やすく、嫌な思い出をたくさんしてきました。

まず、吹き出物が一番多く出てたのが小学生から中学生にあがるころだったのですが、クラスの男子にからかわれて嫌でした。顔をちゃんと洗っていないからだ、と不潔だ、とも言われたのが嫌でした。

ちゃんと顔を洗っているのに吹き出物が出てしまう体質だったみたいです。まだ幼かったため、良い洗顔料を買ったり、病院にいこうといった発想もなく、どうしようと悩んでいた思い出があります。

しばらくして、吹き出物に効く洗顔料があることや、吹き出物は病院で治すのが手っ取り早いという情報を得てなんとか治せるようになりました。

しかし、治す手段を知らなかった当時は、気になって触ってしまっていたくなってしまったり、そのせいで痕が残ってしまったりしてとても苦痛でした。

触ってしまった時には、血が出てきてしまって、友達に顔から血が出てるよ!と慌てて言われて、周りが騒然としたのは今では笑い話になりそうですが、当時は恥ずかしさでいっぱいでした( ;∀;)。

今でもたまに吹き出物ができます。大人になってからは、吹き出物がでにくくなったかわりに、治りにくくなってしまって、普段は吹き出物がないぶん結構目についてしまうので、周りの人に「痛そう」や「なかなか治らないね」といちいち言われるのが嫌です。

化粧をしても吹き出物がむしろ目立ってしまうなんてこともありました。吹き出物を隠そうとするあまりに、そこの吹き出物の部分だけやたらファンデーションが濃くなってしまってしまったのです。

そこの部分だけなんか濃くない?だまになってるよ?と言われたときにはとてもショックでした。濃いのは濃いけれど、だまじゃなくて吹き出物で出っぱっているだけなのですから。

それから、吹き出物の原因や解消法を調べてみると。、化粧をつけたらむしろ吹き出物の状態が悪化することがわかったので、それからは開き直って吹き出物を隠すのではなく治すことに専念することにしています。

10年前のドラマ「結婚できない男」は傑作である!

日記

今更ながら私は10年以上前のドラマ、阿部寛主演の「結婚できない男」にハマっており、マイブームであります。

ひょんなことからYOUTUBUで「結婚できない男」を見つけて、そう言えばお好み焼きのシーンが面白かったなーと思って、お好み焼きが何話なのだかわからないので第1話から見ていたら、ハマってしまい2回目、3回目と全話を何回もローテしています。

「結婚できない男」は紛れも無い傑作であり、阿部寛はこんなに演技が上手かったのかと驚かされる作品であり、長身イケメン、メンズノンノのモデルあがりであるあの安部ちゃんがこんなにモテそうもないダサくてキモい男を演じられるのが驚きであり木村拓哉や福山雅治の様な俳優でないアイドルにはとても出来ない役であり、俳優阿部寛の男性人気を決定づける作品であると思いました。

こうゆう役がやれる、出来るからこそ阿部ちゃんが男性にも人気のあるゆえんであり、超イケメンでありながらダサい役もやれるので今の巷での好感度の高さも納得できるというものであります。

本当に阿部寛と夏川結衣の会話劇は面白く、2人共演技が上手いなーという印象であり今現在放送中の演技派を集めたドラマをやっていますが演技が上手いとも思いませんし、有名なカリスマ脚本家ですがあまり出来のいい脚本であるとも思いません。

結婚できない男は本当に脚本もよく出来ていますし出演者の演技もいいですし、演出、効果音も絶品です。

せめて2人が結婚した後のSPをやって欲しいものですが、まだ観ていない人には是非一度騙されたと思って観ていただきたいと思います。

また主人公のまわりにいる3人のヒロイン(夏川結い含む)もとてもよくていいハーレムドラマとなっています。

特にオススメなのが第6話のお好み焼きのシーンで正にドラマならでは、の傑作と言える名シーン、とても面白いシーンです。

最後に付け足しますが、最終回のラストシーンあたりの告白のシーンとラストのシーンは感動モノで何回も観てしまうことうけあいです。

吹き出物で悩んでいる人へ

日記

吹き出物が出来ている時って、テンション下がりますよね(´Д`|||)

お出かけしていても肌の状態が気になって、伏し目がちになり姿勢も悪くなり・・・
誰かが近くにいると、肌のアラをジロジロ見られているんじゃないかとか、不潔だと思われていないかとか、そんなことばかり考えて卑屈になってしまいます(ー_ー;)

本人は、周りが思っている以上に気にしているものです。
でも吹き出物が出来たことがないような人には、それがわからないんですよね。
サラッと胸に刺さることを言われて、ショックを受けることもしばしばでした。

だいぶ昔の話ですが、美容院に行った時のことです。ヘアーカットが終わった後、頼んでいないのに、美容師さんの練習のためにメイクをしてくれるという話になりました。
吹き出物だらけの肌を、他人に見られるのも触れられるのも苦痛でしたが、少しの間だけのことと我慢していました。

仕上がったメイクを見て美容師さんが言った一言は、かなりショックなものでした(ToT)

「あら~かわいそうね~、やっぱり肌が荒れていると、メイクもちょっと映えないよね。」
何の気なしに発した言葉かもしれません。
でも私にはものすごい衝撃で、しばらく立ち直れないほどだったんです(´;ω;`)

もちろん自分でも、肌の状態のことはよくわかっていました。
わかっていたからこそ、改めて他人に指摘された時の恥ずかしさと苦しさといったら・・・今思い出しても顔を覆いたくなるほどです(/´△`\)

そんなこともあって、スキンケアの話をするのは、吹き出物などの肌荒れで同じように悩んでいる友達ばかりになってしまいました。
傷の舐め合いじゃないですが、同じような悩みを相談しあって共感することで、心の安定を保っていたんです。

本当は肌の綺麗な人にスキンケアの相談をしたほうが有意義な情報が得られるのかもしれません。
でも吹き出物で肌が荒れていると、そんなことすら考えたくもなくなってしまうんですね。

今は肌の状態は良くなり、落ち着いています。
街で吹き出物だらけの女の子たちを見ると、昔の自分を見ているようで声をかけたくなってしまいます。

きっと良くなる日が来ると思うから、気にしすぎずストレスを溜めないようにね(*^-^*)

 

ページの先頭へ